MENU

形容詞とは何か?文法を英語の例文で簡単にわかりやすく説明

ブログランキング・にほんブログ村へ PVアクセスランキング にほんブログ村
目次

形容詞とは何か?簡単にわかりやすく説明

形容詞とは、人や物の性質・形状・数量などを表す語の事です。

形容詞は通常、名詞の前に置き、名詞を修飾します。

動詞がbe動詞の場合はbe動詞の後ろに置き、be動詞の補語として使います。

名詞を直接修飾する形容詞

That beautiful woman is my sister.(あの美しい女性は私の姉です。)

形容詞「beautiful(美しい)」は名詞「woman(女性)」の前に置かれ、名詞の性質を表します。

A big dog is walking.(大きな犬が歩いています。)

形容詞「big(大きな)」は名詞「dog(犬)」の前に置かれ、名詞の形状を表します。

I bought three oranges.(みかんを3個買いました。)

形容詞「three(3個の)」は名詞「orange(みかん)」の前に置かれ、名詞の数量を表します。

補語として使う形容詞

This is a beautiful flower.(これはきれいな花です。)

こちらは、「名詞を直接修飾する形容詞」の例です。

形容詞「beautiful(綺麗な)」は名詞「flower(花)」の前に置かれ、名詞の性質を表します。

This flower is beautiful.(この花はきれいです。)

こちらは、be動詞の補語として使う形容詞の例です。

形容詞「beautiful(綺麗な)」はbe動詞の後ろに置かれます。

数や量を表す形容詞

数や量を表す形容詞には、特定の数を表す形容詞(1,2,3など数が特定できるもの)と不特定の数量を表す形容詞(たくさん、少しなど、数が特定できないもの)があります。

また、不特定の数や量を表す形容詞には、数えられる名詞に使う形容詞と、数えられない名詞に使う形容詞があります。

数えられる数えられない
many(たくさんの)much(たくさんの)
a few(少しの)a little(少しの)
few(ほとんどない)little(ほとんどない)

数や量を表す形容詞の中には、数えられる名詞(可算名詞)と数えられない名詞(不可算名詞)の両方に使える形容詞もあります。

数えられる・数えられない(両方に使える)
a lot of(たくさんの)
enough(十分な)
no(何もない)

数えられる名詞(可算名詞)に使う形容詞

There are many trees in the park.(たくさんの木が公園にあります。)

形容詞「many(たくさんの)」は可算名詞「tree(木)」の前に置かれ、名詞を修飾します。

A few books are still on the desk.(少しの本がまだ机の上に残っています。)

形容詞「a few(少しの)」は可算名詞「book(本)」の前に置かれ、名詞を修飾します。

Few children dislike curry.(カレーが嫌いなこどもはほとんどいません。)

形容詞「few(ほとんどない)」は可算名詞「children(こどもたち)」の前に置かれ、名詞を修飾します。

数えられない名詞(不可算名詞)に使う形容詞

I did much exercise yesterday.(わたしは昨日たくさん運動をしました。)

形容詞「much(たくさんの)」は不可算名詞「exercise(運動)」の前に置かれ、名詞を修飾します。

I have a little food.(私は少しの食べ物なら持っています。)

形容詞「a little(少しの)」は不可算名詞「food(食べ物)」の前に置かれ、名詞を修飾します。

I have little freedom.(私にはほとんど自由がない。)

形容詞「little(ほとんどない)」は不可算名詞「freedom()」の前に置かれ、名詞を修飾します。

両方に使える形容詞

I bought a lot of clothes. (私はたくさん洋服を買いました。)

形容詞「a lot of(たくさんの)」は可算名詞「clothe(洋服)」の前に置かれ、名詞を修飾します。

I drank a lot of tea.(私にはたくさん紅茶を飲みました。)

形容詞「a lot of(たくさんの)」は不可算名詞「tea(紅茶)」の前に置かれ、名詞を修飾します。

We have prepared enough presents for the children.(子供たちのために十分なプレゼントを用意しました。)

形容詞「enough(十分な)」は可算名詞「present(プレゼント)」の前に置かれ、名詞を修飾します。

I have enough time to talk to you today.(今日はあなたと話す十分な時間があります。)

形容詞「enough(十分な)」は不可算名詞「time(時間)」の前に置かれ、名詞を修飾します。

There are no dogs in the park.(公園には犬が一匹もいません。)

形容詞「no(何もない)」は可算名詞「dog(犬)」の前に置かれ、名詞を修飾します。

I have no fear.(私には何の恐れもありません。)

形容詞「no(何もない)」は不可算名詞「fear(恐れ)」の前に置かれ、名詞を修飾します。

不特定の漠然とした数や量を表す形容詞

形容詞には、たくさんでも少しでもない、不特定な漠然とした数や量を表す形容詞があります。

文法不特定な漠然とした数や量を表す形容詞
肯定文some(いくつかの、いくらかの)
疑問文any(いくつか、いくらか)
否定文not any(少しの~もない)

「some」や「any」は、数えられる名詞にも数えられない名詞にも使うことができます。

肯定文

There are some apples on the table.(テーブルの上にはいくつかのりんごがあります。)

形容詞「some(いくつかの)」は可算名詞「apple(りんご)」の前に置かれ、名詞を修飾します。

I have some knowledge about that.(私はそのことについていくらか知識を持っています。)

形容詞「some(いくつかの)」は不可算名詞「knowledge(知識)」の前に置かれ、名詞を修飾します。

疑問文

Do you have any questions?(いくらかの質問はありますか?)

形容詞「any(いくらか)」は可算名詞「question(質問)」の前に置かれ、名詞を修飾します。

Do you have any fear?(いくらかの恐れはありますか?)

形容詞「any(いくらか)」は不可算名詞「fear(恐れ)」の前に置かれ、名詞を修飾します。

否定文

I don’t have any children.(私には子供が一人もいません。)

形容詞「not any(少しの~もない)」は可算名詞「children(子供たち)」の前に置かれ、名詞を修飾します。

I didn’t do any research.(私は何の調査もしませんでした。)

形容詞「not any(少しの~もない)」は不可算名詞「research(調査)」の前に置かれ、名詞を修飾します。

形容詞とは何か?|まとめ

いかがでしたでしょうか?

下記のサイトでは、英語を理解するために必要となる英語の文法について、網羅的にまとめていますので参考にしてください。

あわせて読みたい

英語文法まとめサイト|英文法基礎から上級まで23種類を例文で解説
このサイトでは、英語を理解するために必要となる英語の文法について、網羅的にまとめています。 【英語の文法|英語の文章の構成】 英語の文章の構成要素である「文」...

量が多すぎてどこから読んでいいのかわからない、もう少し、基本的なことから勉強したい場合は、まずは、下記のサイトを参照することをお勧めします。

あわせて読みたい

中学英語文法一覧|英文法24種類をわかりやすい例文と一覧表で解説
英語の基礎となる、中学校で習うレベルの英文法を一覧でまとめています。 【中学英語文法一覧|文の要素】 文の要素とは、英文がどのように構成されているかを表したも...

このサイトが、皆さんの英語学習の手助けになれば幸いです。

あわせて読みたい

オンライン英会話ってどこがいいの?私が実際に体験した6社を紹介
オンライン英会話ってどこがいいのか? こんなお悩みを解決します。 残念ながら、「オンライン英会話はここが一番です。」と一言で答えることができません。 なぜなら、...

あわせて読みたい

スタディサプリ英語コースの違いを徹底比較|どれがおすすめなの?
スタディサプリで英語を勉強したいけど、スタディサプリの違いがわからない。 こんなお悩みを解決します。 私はスタディサプリを140時間くらい使いました。 スタディサ...

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる