MENU

英語文法まとめサイト|英文法基礎から上級まで23種類を例文で解説

ブログランキング・にほんブログ村へ PVアクセスランキング にほんブログ村

このサイトでは、英語を理解するために必要となる英語の文法について、網羅的にまとめています。

目次

英語の文法|英語の文章の構成

英語の文章の構成要素である「文」「節」「句」「語」について。
品詞の種類と働きについて。
文の要素である「主語」」「述語動詞」「目的語」「補語」「修飾語」について。

あわせて読みたい
英語の文章の構成|英語の文の構成要素をわかりやすく説明 英語の文章はどのような構成になっているのでしょうか? 英語は、大きな単位から「文」「節」「句」「語」で構成されています。 「語」は、一つ一つ品詞に分類できます...

英語の文法|基本の5文型

第1文型(SV)
第2文型(SVC)
第3文型(SVO)
第4文型(SVOO)
第5文型(SVOC)

あわせて読みたい
英語の基本5文型とは?5つの例文でわかりやすく説明 【英語の基本5文型とは?】 英語には5つの文型があります。 文型とは、「主語(S)」「動詞(V)」「目的語(O)」「補語(C)」を組み合わせて作る語順のルールの事...

英語の文法|名詞

名詞とはなにか。
可算名詞・不可算名詞。
名詞の複数形。

あわせて読みたい
英語の名詞とは?複数形や不規則変化などをわかりやすく説明 【英語の名詞とは?】 人や物を表す言葉を名詞と言います。 主語となる名詞 名詞は文の中で主語となります。 Mary is my sister.(メアリーは私の妹です。) 「Mary」は...

英語の文法|代名詞

代名詞とは何か。
代名詞の種類。
主格・所有格・目的挌・所有代名詞・再帰代名詞の意味と使い方。

あわせて読みたい
代名詞の文法について|6種類の英語の例文でわかりやすく解説 【代名詞の文法について】 名詞の代わりとして人や物を指し示すものを「代名詞」と言います。 Mary is a student. She is my friend.(メアリーは学生です。彼女は私の...

英語の文法|形容詞

形容詞とは何か。
数や量を表す形容詞。
不特定の漠然とした数や量を表す形容詞。

あわせて読みたい
形容詞とは何か?文法を英語の例文で簡単にわかりやすく説明 【形容詞とは何か?簡単にわかりやすく説明】 形容詞とは、人や物の性質・形状・数量などを表す語の事です。 形容詞は通常、名詞の前に置き、名詞を修飾します。 動詞が...

英語の文法|副詞

副詞とは何か。
副詞の用法・種類・位置。

あわせて読みたい
英語の副詞とは?文法を例文でわかりやすく説明 【英語の副詞とは?】 副詞は、文の中で動詞や形容詞、他の副詞などを修飾する言葉です。 形容詞と副詞を見分けるのは難しそうですが、形容詞は名詞を修飾し、副詞は名...

英語の文法|前置詞

前置詞とは何か。
よく使う英語の前置詞一覧。
前置詞の使い方例文。

あわせて読みたい
前置詞の文法をわかりやすく|よく使う前置詞を32の例文で説明 【前置詞の文法をわかりやすく説明】 前置詞は、名詞・代名詞・動名詞の前に置き、それらとの関係を表します。 たとえば「in(~に)」や「on(の上に)」などを使い、...

英語の文法|接続詞

接続詞とは何か。
接続詞の使い方。

あわせて読みたい
接続詞とは?英語の文法を15の例文でわかりやすく説明 【接続詞とは?】 接続詞とは、文と文や語と語などをつなぐ働きをする語句です。 接続詞には、対等な関係の語句や文を結びつける等位接続詞と、従属節の先頭に置いてメ...

英語の文法|動詞

be動詞

be動詞とは何か。
be動詞の肯定文・否定文・命令文・疑問文。
be動詞の過去形。

あわせて読みたい
進行形「be動詞+ing」とは?|英語の例文でわかりやすく説明 【進行形「be動詞+ing」とは?】 進行形とは、その時まさにその動作をしている状態だという意味を表します。 進行形は、「be動詞+動詞の語尾に~ingをつけた形」で表...

一般動詞

一般動詞とは何か。
一般動詞の肯定文・否定文・命令文・疑問文。
三人称単数現在とは何か。
一般動詞の過去形。

あわせて読みたい
一般動詞の文法は?用法や三単現などを例文でわかりやすく説明 【一般動詞の文法は?】 人や物が何か動作をすることを表す言葉を動詞と言います。 be動詞は、現在形の「am、are、is」過去形の「was、were」の5つだけですが、一般動...

動詞の進行形

進行形とは何か。
現在進行形の肯定文・否定文・疑問文。
過去進行形の肯定文・否定文・疑問文。

あわせて読みたい
進行形「be動詞+ing」とは?|英語の例文でわかりやすく説明 【進行形「be動詞+ing」とは?】 進行形とは、その時まさにその動作をしている状態だという意味を表します。 進行形は、「be動詞+動詞の語尾に~ingをつけた形」で表...

動詞の未来形

未来形とは何か。
未来形「will」の肯定文・否定文・疑問文。
未来形「be going to」の肯定文・否定文・疑問文。

あわせて読みたい
英語の未来形を例文で説明|willとbe going toの違い 【英語の未来形を例文で説明】 未来形「will」 英語の未来形は、「will+動詞の原型」で表します。 I will play tennis tomorrow.(私は明日、テニスをするつもりです。...

there isとthere are

there isとthere areとは何か。
there isとthere areの肯定文・否定文・疑問文。
there isとthere areの過去形の肯定文・否定文・疑問文。

あわせて読みたい
there isとthere areの文法|意味や使い方を6つの例文で説明 【there isとthere areの文法|意味や使い方】 「there is」「there are」は、「~がある」という意味になります。 「there」は「そこに」の意味がありますが、「there ...

英語の文法|助動詞

助動詞

助動詞とは何か。
助動詞「can」「must」「may」「should」「shall」「will」の意味と使い方。
助動詞の肯定文・否定文・疑問文・過去形。

あわせて読みたい
助動詞の文法について|6つの英語の例文でわかりやすく解説 【助動詞の文法について】 助動詞とは、動詞の前に置き、動詞を助ける働きをします。 助動詞の後には、必ず動詞の原形が来ます。 良く使われる助動詞には、下記のような...

助動詞「can」「could」「be able to」

助動詞「can」「could」「be able to」の使い方
能力がある・可能であることを表す「can」
許可を表す「can」
依頼を表す「can」「could」
可能性や推量を表す「can」「could」
「can」と「be able to」の違い
「can」と「be able to」の過去形

あわせて読みたい
英語の助動詞「can」「could」「be able to」の使い方 助動詞の「can」は、「~できる」という意味がありますが、それ以外にも、許可や依頼を表したり、可能性や推量を表したりすることもできます。 「can」の過去形は「coul...

助動詞「must」「have to」

助動詞「must」「have to」の使い方
義務や必要を表す「must」「have to」
禁止や不必要を表す「must not」と「don’t have to」
確信を表す「must」の使い方
過去・過去表す「must」「have to」

あわせて読みたい
英語の助動詞「must」「have to」の使い方|例文でわかりやすく説明 助動詞の「must」「have to」は、「~しなければならない」という義務を表す意味や、「~する必要がある」という必要を表す意味があります。 「must」は現在形しかない...

助動詞「may」「might」

助動詞「may」「might」の使い方
許可を表す「may」「might」
不許可を表す「may not」
推量を表す「may」「might」
「may」の過去形

あわせて読みたい
英語の助動詞「may」「might」の使い方|例文で解説 助動詞の「may」は、「~してもよい」という許可を表す意味や、「~かもしれない」という推量を表す意味があります。 「may」の過去形は「might」ですが、「might」は現...

助動詞「should」「ought to」

助動詞「should」「ought to」の使い方
義務・当然を表す「should」「ought to」
推量を表す「should」「ought to」
過去の推量を表す「should/outght to+have+過去分詞」
過去の非難・後悔を表す「should/outght to+have+過去分詞」

あわせて読みたい
英語の助動詞「may」「might」の使い方|例文で解説 助動詞の「may」は、「~してもよい」という許可を表す意味や、「~かもしれない」という推量を表す意味があります。 「may」の過去形は「might」ですが、「might」は現...

助動詞「will」「would」

助動詞「will」「would」の使い方
推量を表す「will」「would」
意思を表す「will」「would」
拒絶を表す「will not」「would not」
習慣や反復動作を表す「will」「would」
依頼を表す「will」「would」
「would」の慣用表現

あわせて読みたい
英語の助動詞「will」「would」の使い方|例文でわかりやすく解説 助動詞の「will」「would」は、「たぶん~だろう」という推量を表す意味や、「~するつもりだ」という意思を表す意味、「よく~する」という習慣を表す意味、「~してく...

英語の文法|冠詞

英語の冠詞とは?
冠詞の種類
不定冠詞(a/an)の使い方
定冠詞(the)の使い方
無冠詞になる場合

あわせて読みたい
英語の冠詞とは?|冠詞の種類、不定冠詞(a/an)と定冠詞(the)の使い方 日本語では「本」を表すとき、単純に「本」と言います。 英語では、「book(本)」を表す時、「book(本)」の前に「a」や「the」を置き、「a book」「the book」と表し...

英語の文法|受動態

受動態とは何か。
受動態で使う過去分詞。
受動態の時制。
受動態の肯定文・否定文・疑問文・命令文。
受動態で使われる前置詞。

あわせて読みたい
受動態の英語の文法とは?意味や使い方を例文でわかりやすく説明 【受動態の英語の文法とは?】 「主語が~する」のように、主語が何かの動作をする場合を能動態と言います。 「主語が何かによって~される」のように、主語が他のもの...

英語の文法|不定詞

不定詞

不定詞とは何か。
不定詞の名詞的用法・形容詞的用法・副詞的用法。
不定詞の疑問文での使い方。

あわせて読みたい
不定詞の文法について|5つの英語の例文でわかりやすく解説 【不定詞の文法について】 不定詞は 「to+動詞の原形」で表現され、名詞や形容詞、副詞のような働きをします。 不定詞には、主に下記3つの用法があります。 名詞...

不定詞の3つの用法の見分け方

不定詞の3つの用法の見分け方
不定詞の名詞的用法
不定詞の形容詞的用法
不定詞の副詞的用法

あわせて読みたい
不定詞の3つの用法の見分け方|名詞的・形容詞的・副詞的用法 不定詞は 「to+動詞の原形」で表現され、名詞・形容詞・副詞のような働きをします。 不定詞には、名詞的用法・形容詞的用法・副詞的用法の3つの用法があります。 ...

英語の文法|動名詞

動名詞とは何か。
動名詞を主語・目的語・前置詞の目的語として用いる場合。
動名詞とto不定詞の使い分け。

あわせて読みたい
動名詞の文法をわかりやすく|動名詞とto不定詞の違いも説明 【動名詞の文法】 動詞の原形にingをつけ、「~すること」という意味になります。 動詞は通常、文章の中では術後の役割をしますが、動名詞にすることで、名詞のように、...

英語の文法|分詞

分詞

分詞とは何か。
現在分詞、過去分詞。
分詞の形容詞的用法。
分詞の補語としての用法。

あわせて読みたい
英語の分詞の文法とは?|意味や用法を4つの例文でわかりやすく説明 【英語の分詞の文法とは?】 分詞には、現在分詞と過去分詞の2つがあります。 現在分詞は動詞の原形に「ing」をつけ、過去分詞は動詞の原形に「ed」をつけます。 分詞...

分詞構文

分詞構文とは?
時・動作の継続・原因や理由を表す分詞構文
分詞構文での否定の位置
完了形で以前の事を表す分詞構文
前に接続詞を置く分詞構文
独立分詞構文
付帯状況を表す分詞構文

あわせて読みたい
英語の分詞構文とは?使い方を例文でわかりやすく説明 分詞には、現在分詞と過去分詞の2つがあります。 現在分詞は動詞の原形に「ing」をつけ、過去分詞は動詞の原形に「ed」をつけます。 分詞構文とは、副詞的に文の情報を...

英語の文法|疑問文・疑問詞

疑問文の作り方・答え方

疑問文の作り方・答え方
Yes/Noで答える疑問文
疑問詞を使った疑問文
選択疑問文・否定疑問文・付加疑問文
「Do you mind?」への答え方

あわせて読みたい
英語の疑問文の作り方・答え方|yes/noで答える・答えないもの 英語の通常の文は、主語+動詞の順番で語が並んでいます。 英語の疑問文を作る場合、「be動詞」「Do/Does/Did」「助動詞」「疑問詞」などを先頭に持ってきます。 疑問文...

疑問詞

疑問詞の5W1Hとは何か。
疑問詞の疑問文の作り方・答え方。
疑問詞「what」「who」「where」「when」「why」「how」「which」「whose」「whom」の使い方。

あわせて読みたい
疑問詞の英語の文法5W1Hとは?疑問文の種類や使い方を例文で説明 【疑問詞の英語の文法5W1Hとは?】 疑問詞で良く使われるのは、what, who, where, when, why, howの6つです。 それぞれの頭文字を取って、「5W1H」と呼ばれます。 ...

間接疑問

間接疑問文とは何か。
間接疑問文と関係代名詞の違い。
間接疑問文「who」「when」「why」「where」「what」「how」の使い方と例文。

あわせて読みたい
英語の間接疑問文とは?who,what,howなどの使い方を7つの例文で説明 【英語の間接疑問文とは?】 間接疑問文とは、疑問詞(who, when, where, what, howなど)などから始まる節(主語と述語がある文)が目的語となる文の事です。 疑問詞を...

英語の文法|否定

否定文

否定文とは?
否定語・準否定語一覧
否定文の作り方
否定語「not/never/no」を使った否定文
準否定語「hardly/scarcely/rarely/seldom/few/little」を使った否定文

あわせて読みたい
英語の否定文とは?|否定語・準否定語一覧と否定文の作り方を説明 英語で否定文を作る場合、通常は動詞の後に「not」を置きます。 「not」以外にも、「never(一度も~ない)」や「no(ひとつも~ない)」を使うことで、否定文を作るこ...

全否定・部分否定・二重否定

全否定・部分否定・二重否定
部分否定を作る語と使い方
二重否定の意味と使い方

あわせて読みたい
英語の全否定・部分否定・二重否定|否定の違いを例文で説明 英語の全否定とは、全てを否定することです。 英語の部分否定とは、「全部が~というわけではない」のように、一部を否定することです。 英語の二重否定とは、否定を表...

英語の文法|比較

比較とは何か。
原級・比較級・最上級の意味と使い方。
比較級から最上級への形の変化。

あわせて読みたい
原級・比較級・最上級を6つの英語の例文でわかりやすく説明 【原級・比較級・最上級】 形容詞や副詞を用いて、他の人や物を比べることを比較と言います。 AがBと等しいことを表すことを同等比較と言い、形容詞・副詞の原級を用い...

英語の文法|完了形

現在完了形

現在完了形とは何か。
現在完了形の「継続」「経験」「完了・結果」。
現在完了形の否定文・疑問文。

あわせて読みたい
現在完了形の英語の文法|継続、経験、完了・結果を5つの例文で説明 【現在完了形の英語の文法】 現在完了形とは、過去から現在までつながっている出来事を表します。 現在完了形の文法は、「have+過去分詞」で表します。 過去形 I lived...

過去完了形

過去完了形とは何か。
過去形と過去完了形の違い。
現在完了形と過去完了形の違い。
過去完了形の「継続」「経験」「完了・結果」の例文。
過去完了形の否定文・疑問文。
過去完了進行形の例文

あわせて読みたい
過去完了形の英語の文法|過去形や現在完了形との違いや使い方を説明 【過去完了形の英語の文法】 過去完了形とは、過去のある時点からそれ以前までつながっている出来事を表します。 過去完了形の文法は、「had+過去分詞」で表します。 ...

未来完了形

未来完了形とは何か。
未来完了形の「継続」「経験」「完了・結果」の例文。
未来完了進行形の例文

あわせて読みたい
未来完了形の英語の文法|継続、経験、完了・結果を例文で説明 【未来完了形の英語の文法】 未来完了形とは、未来のある時点からそれ以前がつながっている出来事を表します。 未来完了形の文法は、「will+have+過去分詞」で表しま...

英語の文法|関係詞

関係代名詞

関係代名詞とは何か。
関係代名詞の種類。
関係代名詞「who」「which」「whom」「whose」「that」の使い方と例文。

あわせて読みたい
関係代名詞の英語の文法|5つの例文でわかりやすく説明 【関係代名詞の英語の文法】 関係代名詞は、2つの文章をくっつけて、名詞を文章で修飾する時に使用します。 下記の2つの文を見てみましょう。 I have an older sister...

関係副詞

関係副詞とは?
関係副詞「where」「when」「前置詞+which」「why」「how」

あわせて読みたい
英語の関係副詞とは?|関係代名詞との違いや使い方を例文で説明 関係副詞とは、関係副詞の前にある名詞を修飾する節を作り、2つの文をつなぐものです。 (節とは、2語以上の語のかたまりの事です。) 関係副詞について確認していきま...

複合関係詞

英語の複合関係詞とは?
複合関係代名詞と複合関係副詞の違いは?
複合関係代名詞「whoever」「whichever」「whatever」
複合関係副詞「whenever」「wherever」
譲歩を表す複合関係詞

あわせて読みたい
英語の複合関係詞とは?|複合関係代名詞と複合関係副詞の違いは? 複合関係詞とは、関係代名詞・関係副詞に「ever」が付いたものです。 「whoever, whichever, whatever, whenever, wherever」などの事で、「~ならどんなものでも」とい...

英語の文法|仮定法

仮定法

仮定法とは?
ifを使った仮定法|直説法との違い
ifを使った仮定法過去
ifを使った仮定法過去完了

あわせて読みたい
仮定法とは?|直説法との違いや使い方を例文でわかりやすく説明 仮定法とは、話をしている人が、現実ではない、現実になりそうにないと感じている事を表す表現です。 仮定法では、「本当はそうではないけれど、もし~だとしたら、~な...

「wish」や「as if」を使う仮定法

「wish」や「as if」を使う仮定法
「wish」を使う仮定法(過去形・過去完了形)
「as if」を使う仮定法(過去形・過去完了形)

あわせて読みたい
「wish」や「as if」を使う仮定法|I wishの後は必ず仮定法です 仮定法とは、事実と異なること、実現不可能だと思うことについて話す時の表現方法です。 本当は違うけど、「~だったらなあ」と思う時に、仮定法を使います。 仮定法で...

「if」なしで「もし」を表す仮定法

「if」なしで「もし」を表す仮定法
ifを省略する仮定法|SVの倒置
without, but for, with, otherwise

あわせて読みたい
「if」なしで「もし」を表す仮定法|ifの省略やwithoutなど 仮定法で「もし」を表す場合は、通常は「if」を使用します。 ただ、「if」なしで「もし」を表す仮定法の表現も存在します。 「if」なしで「もし」を表す仮定法について...

英語の文法|話法

直接話法と間接話法

直接話法と間接話法とは?
直接話法と間接話法の違い
直接話法と間接話法の違い|疑問文・命令文

あわせて読みたい
英語の直接話法と間接話法とは?|違いを例文でわかりやすく説明 話法とは、話をする時に、他人の言葉を引用するときの表現方法の事です。 英語には、直接話法と間接話法の2種類があります。 直接話法とは、その人が言っていた言葉をそ...

英語の文法|様々な表現

無生物主語

無生物主語とは?
無生物主語で良く使う動詞一覧
無生物主語の文の作り方

あわせて読みたい
英語の無生物主語とは?|良く使う動詞一覧と文の作り方を例文で説明 無生物主語とは、人や生き物以外が主語となる文の事で、「何かが人に~させる/させない」という意味を表します。 日本語に直訳すると不自然な文になることが多いので、...

強調

英語で強調する方法
強調語を使って強調する方法
疑問詞を強調する方法
否定表現を強調する方法
同じ語の繰り返しで強調する方法
強調構文を使って強調する方法

あわせて読みたい
英語で強調する方法|強調語や強調構文などをわかりやすく説明 英語で強調をしたい場合、強調するような語句を置いたり、同じ語を繰り返したり、強調構文を使う事で強調することができます。 強調構文とは、「It is +〇〇+ that」...

英語文法まとめサイト|まとめ

このサイトでは、英語を理解するために必要となる英文法を網羅的に掲載しています。

量が多すぎてどこから読んでいいのかわからない、もう少し、基本的なことから勉強したい場合は、まずは、下記のサイトを参照することをお勧めします。

あわせて読みたい
中学英語文法一覧|英文法24種類をわかりやすい例文と一覧表で解説 英語の基礎となる、中学校で習うレベルの英文法を一覧でまとめています。 【中学英語文法一覧|文の要素】 文の要素とは、英文がどのように構成されているかを表したも...

このサイトが、皆さんの英語学習の手助けになれば幸いです。

あわせて読みたい

オンライン英会話ってどこがいいの?私が実際に体験した6社を紹介
オンライン英会話ってどこがいいのか? こんなお悩みを解決します。 残念ながら、「オンライン英会話はここが一番です。」と一言で答えることができません。 なぜなら、...

あわせて読みたい

スタディサプリ英語コースの違いを徹底比較|どれがおすすめなの?
スタディサプリで英語を勉強したいけど、スタディサプリの違いがわからない。 こんなお悩みを解決します。 私はスタディサプリを140時間くらい使いました。 スタディサ...

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる