MENU

英語の助動詞「may」「might」の使い方|例文で解説

ブログランキング・にほんブログ村へ PVアクセスランキング にほんブログ村

助動詞の「may」は、「~してもよい」という許可を表す意味や、「~かもしれない」という推量を表す意味があります。

「may」の過去形は「might」ですが、「might」は現在の推量を表すこともあります。

助動詞「may」「might」の使い方について確認していきましょう。

目次

英語の助動詞「may」「might」の使い方

助動詞の「may」には、「~してもよい」という許可を表す意味や、「~かもしれない」という推量を表す意味があります。

分類意味時制助動詞
許可~してもよい
現在may
~してもよいですか?現在may
might(mayよりもさらに丁寧な言い方)
不許可~してはいけない現在may not
推量~かもしれない現在may
might(mayよりも可能性が低いと思う時の言い方)

許可を表す「may」「might」の使い方

「may」は、「~してもよい」のように、許可を表します。

「might」は「may」よりも更に丁寧な表現となります。

許可を表す「may」

You may go home.(あなたは帰っても良いです。)

帰る許可があることを表します。

She may enter the classroom.(彼女は教室に入っても良いです。)

教室に入る許可があることを表します。

「may」は「~してもよい」ですが、少し尊大な感じを与えるので、口語では「can」を使用することの方が多いです。

許可を求める疑問文の「may」

May I see the book?(その本を見てもよろしいでしょうか?)

本を見ても良いか許可を求めます。

May I wait a little longer here?(もう少しここで待っていてもよろしいでしょうか?)

もう少しここで待っていてもよいか許可を求めます。

許可を求める場合の「may」は、「can」よりも丁寧な表現となります。

許可を求める疑問文の「might」

Might I have your name?(あなたの名前を教えてもらえますか?)

非常に丁寧に、名前を教えてもらえるか許可を求めます。

Might I come in?(入ってもよろしいでしょうか?)

非常に丁寧に、入っても良いか許可を求めます。

許可を求める場合の「might」は、「may」よりも更に丁寧な表現となります。

不許可を表す「may not」の使い方

「may not」は、「~してはいけない」のように、許可できないことを表します。

不許可を表す「may not」

You may not enter this building.(この建物に入ることはできません。)

建物に入る許可がないことを表します。

You may not park your car in this parking lot.(この駐車場に車を駐車することはできません。)

駐車場に車を駐車する許可がないことを表します。

禁止の表現は「must not(~してはいけない)」を使用しますが、丁寧な禁止(不許可)の場合には「may not」を使用します。

推量を表す「may」「might」の使い方

「may」と「might」は、「~はかもしれない」のように推量を表します。

「may」と「might」の違いは、「might」の方が「may」よりも可能性が低いことを表します。

推量を表す「may」

He may come to tomorrow’s party.(彼は明日のパーティに来るかもしれない。)

彼は明日のパーティに来る可能性があることを表します。

It may rain tomorrow.(明日は雨が降るかもしれない。)

明日は雨が降る可能性があることを表します。

可能性の低い推量を表す「might」

I don’t think it’s possible, but he might come to tomorrow’s party.(無理だとは思いますが、彼は明日のパーティに来るかもしれない。)

可能性は非常に薄いが、もしかしたら彼は明日のパーティに来る可能性があることを表します。

It’s sunny every day, but it might rain tomorrow.(毎日晴れていますが、明日は雨が降るかもしれない。)

可能性は非常に薄いが、明日は雨が降る可能性があることを表します。

「may/might」と「can/could」は同じように推量を表しますが、「may/might」の方が「can/could」よりも可能性が少ないと感じている場合に使用します。

「may」の過去形

「may」の過去形は「might」です。

過去の許可や推量を表す場合は「might」を使用します。

He said it might snow tomorrow.(彼は、明日は雪が降るかもしれないと言いました。)

「It may snow tomorrow.(明日は雪が降るかもしれない。)」の過去形です。

She told him that the teacher might not come.(彼女は彼に、先生は来ないかもしれないと言いました。)

「The teacher may not come.(先生は来ないかもしれない。)」の過去形です。

過去の推量を表す「may/might+have+過去分詞」の使い方

「may/might+have+過去分詞」で、「~だったかもしれない」のように過去の事に関する現在の推量を表します。

「might」も「may」とほぼ同じ意味を表します。

過去の推量を表す「may+have+過去分詞」

He may have noticed us.(彼は私たちに気づいていたのかもしれません。)

過去の事について、彼は私たちに気づいていたのかもしれないという現在の推量を表します。

She may have returned earlier.(彼女は先に帰っていたのかもしれません。)

過去の事について、彼女は先に帰っていたのかもしれないという現在の推量を表します。

過去の推量を表す「might+have+過去分詞」

That book might have belonged to him.(あの本は彼のものだったのかもしれません。)

過去の事について、あの本は彼のものだったのかもしれないという現在の推量を表します。

The teacher might have been angry.(先生は怒っていたのかもしれません。)

過去の事について、先生は怒っていたのかもしれないという現在の推量を表します。

英語の助動詞「may」「might」の使い方|まとめ

いかがでしたでしょうか?

下記のサイトでは、英語を理解するために必要となる英語の文法について、網羅的にまとめていますので参考にしてください。

あわせて読みたい

英語文法まとめサイト|英文法基礎から上級まで23種類を例文で解説
このサイトでは、英語を理解するために必要となる英語の文法について、網羅的にまとめています。 【英語の文法|英語の文章の構成】 英語の文章の構成要素である「文」...

量が多すぎてどこから読んでいいのかわからない、もう少し、基本的なことから勉強したい場合は、まずは、下記のサイトを参照することをお勧めします。

あわせて読みたい

中学英語文法一覧|英文法24種類をわかりやすい例文と一覧表で解説
英語の基礎となる、中学校で習うレベルの英文法を一覧でまとめています。 【中学英語文法一覧|文の要素】 文の要素とは、英文がどのように構成されているかを表したも...

このサイトが、皆さんの英語学習の手助けになれば幸いです。

あわせて読みたい

オンライン英会話ってどこがいいの?私が実際に体験した6社を紹介
オンライン英会話ってどこがいいのか? こんなお悩みを解決します。 残念ながら、「オンライン英会話はここが一番です。」と一言で答えることができません。 なぜなら、...

あわせて読みたい

スタディサプリ英語コースの違いを徹底比較|どれがおすすめなの?
スタディサプリで英語を勉強したいけど、スタディサプリの違いがわからない。 こんなお悩みを解決します。 私はスタディサプリを140時間くらい使いました。 スタディサ...

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる