MENU

英語の助動詞「should」「ought to」の使い方|例文でわかりやすく説明

ブログランキング・にほんブログ村へ PVアクセスランキング にほんブログ村

助動詞の「should」「ought to」は、「~すべきだ」という義務を表す意味や、「~のはずだ」という推量を表す意味があります。

助動詞「should」「ought to」の使い方について確認していきましょう。

目次

助動詞「should」「ought to」の使い方

助動詞の「should」「ought to」には、義務や推量を表す意味があります。

分類意味時制助動詞
義務・当然~すべきだ現在should
ought to
推量~はずだ現在should
ought to
~だったはずだ過去should have+過去分詞
ought to have+過去分詞
非難・後悔~すべきだったのに過去should have+過去分詞
ought to have+過去分詞

義務・当然を表す「should」「ought to」の使い方

「should」「ought to」は、「~すべきだ」のように義務・当然を表します。

「should」と「ought to」はほぼ同じ意味ですが、「should」は主に個人の感情を表し、「ought to」客観的な意見を表します。

日常的な会話では、通常は「should」が使われます。

義務・当然を表す「should」

You should study every day.(あなたは毎日勉強すべきです。)

毎日勉強するのは義務・当然であるという個人の感情を表します。

She should come to school.(彼女は学校に来るべきです。)

彼女が学校に来るのは義務・当然であるという個人の感情を表します。

義務・当然を表す「ought to」

You ought to follow the traffic rules.(交通規則を守るべきです。)

交通規則を守るのは義務・当然であるという客観的な意見を表します。

You ought to wait in line.(列に並んで待つべきです。)

列に並んで待つのは義務・当然であるという客観的な意見を表します。

義務・当然を表す「ought to」の否定形

「ought to」の否定文では、「to」の前に「not」を置きます。

You ought not to park your car in front of the park.(公園の前に車を止めるべきではない。)

公園の前に車を止めるのは当然問題があるという客観的な意見を表します。

You ought not to make noise in the building.(建物内で騒ぐべきではない。)

建物内で騒ぐのは当然問題があるという客観的な意見を表します。

推量を表す「should」「ought to」の使い方

「should」「ought to」は、「~のはずだ」「きっと~だ」のように推量を表します。

推量を表す「should」

They should be back by the end of today.(彼らは今日中に帰って来るはずです。)

It should be fine tomorrow.(明日は晴れるはずです。)

推量を表す「ought to」

The train ought to arrive at 12 o’clock.(電車は12時に到着するはずです。)

The movie ought to start next week.(その映画は来週から始まるはずです。)

過去の推量を表す「should/outght to+have+過去分詞」の使い方

「助動詞+have+過去分詞」で、「~だったはずだ」のように過去の事に関する現在の推量を表します。

過去の推量を表す「should+have+過去分詞」

The movie should have started when he arrived at the cinema.(彼が映画館に着いた時、映画は始まっていたはずだ。)

過去の事について、映画は始まっていたはずだという現在の推量を表します。

The store should have been closed at 8 pm yesterday.(昨日の午後8時には、その店は閉まっていたはずだ。)

過去の事について、その店は閉まっていたはずだという現在の推量を表します。

過去の推量を表す「outght to+have+過去分詞」

Class ought to have started at 8 o’clock yesterday.(昨日は8時に授業が始まっていたはずだ。)

過去の事について、事業は始まっていたはずだという現在の推量を表します。

His paintings ought to have been displayed in the museum since last week.(彼の描いた絵は先週から美術館に飾られているはずだ。)

過去の事について、絵は先週から美術館に飾られていたはずだという現在の推量を表します。

過去の非難・後悔を表す「should/outght to+have+過去分詞」の使い方

「助動詞+have+過去分詞」で、「~すべきだったのに」のように過去の行為に対する非難・後悔を表します。

過去の非難・後悔を表す「should+have+過去分詞」

You should have apologized to him immediately when he was angry.(彼が怒っていた時、あなたは彼にすぐに謝るべきだったのに。)

過去の事について、謝るべきだったと非難を表します。

I should have returned the book I borrowed from her yesterday.(私は彼女に借りた本を昨日のうちに返しておくべきだった。)

過去の事について、本を返しておくべきだったと後悔を表します。

過去の非難・後悔を表す「ought to+have+過去分詞」

You ought to have listened to what the teacher said.(あなたは先生のいう事をきちんと聞くべきだったのに。)

過去の事について、先生のいう事をきちんと聞くべきだったと非難を表します。

I ought to have studied more before the test.(私はテスト前にもっと勉強すべきだった。)

過去の事について、もっと勉強すべきただったと後悔を表します。

忠告を表す「had better」の使い方

忠告を表す場合は、「had better do」で「~した方が良い」を表します。

あなたを主語とすると命令的な感じがするため、目上の人には通常は使用しません。

忠告を表す「had better」

You had better go home.(あなたはもう帰った方が良い。)

帰った方が良いと忠告を表します。

You had better say nothing.(あなたは何も言わない方が良い。)

何も言わない方が良いと忠告を表します。

英語の助動詞「should」「ought to」の使い方|まとめ

いかがでしたでしょうか?

下記のサイトでは、英語を理解するために必要となる英語の文法について、網羅的にまとめていますので参考にしてください。

あわせて読みたい

英語文法まとめサイト|英文法基礎から上級まで23種類を例文で解説
このサイトでは、英語を理解するために必要となる英語の文法について、網羅的にまとめています。 【英語の文法|英語の文章の構成】 英語の文章の構成要素である「文」...

量が多すぎてどこから読んでいいのかわからない、もう少し、基本的なことから勉強したい場合は、まずは、下記のサイトを参照することをお勧めします。

あわせて読みたい

中学英語文法一覧|英文法24種類をわかりやすい例文と一覧表で解説
英語の基礎となる、中学校で習うレベルの英文法を一覧でまとめています。 【中学英語文法一覧|文の要素】 文の要素とは、英文がどのように構成されているかを表したも...

このサイトが、皆さんの英語学習の手助けになれば幸いです。

あわせて読みたい

オンライン英会話ってどこがいいの?私が実際に体験した6社を紹介
オンライン英会話ってどこがいいのか? こんなお悩みを解決します。 残念ながら、「オンライン英会話はここが一番です。」と一言で答えることができません。 なぜなら、...

あわせて読みたい

スタディサプリ英語コースの違いを徹底比較|どれがおすすめなの?
スタディサプリで英語を勉強したいけど、スタディサプリの違いがわからない。 こんなお悩みを解決します。 私はスタディサプリを140時間くらい使いました。 スタディサ...

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる