MENU

英語の直接話法と間接話法とは?|違いを例文でわかりやすく説明

ブログランキング・にほんブログ村へ PVアクセスランキング にほんブログ村

話法とは、話をする時に、他人の言葉を引用するときの表現方法の事です。

英語には、直接話法と間接話法の2種類があります。

直接話法とは、その人が言っていた言葉をそのまま引用する話法です。

間接話法とは、その人がなんと言っていたかを説明する話法です。

英語の直接話法と間接話法について確認していきましょう。

目次

英語の直接話法と間接話法とは?

彼が、「この映画が好きです。」と言った場合を考えてみましょう。

直接話法

He said, “I like this movie.”(彼は「この映画が好きです。」と言った。)

直接話法では、その人が言っていた言葉をそのまま引用します。

彼が言った言葉はダブルクォーテーション(”)で囲み、彼の言った言葉をそのまま書きます。

間接話法

He said he liked the movie.(彼はその映画が好きだと言った。)

間接話法では、その人がなんと言っていたかを説明します。

彼が言った言葉をそのまま引用するのではないため、はダブルクォーテーション(”)は使いません。

直接話法と間接話法の違い

直接話法と間接話法では、時制・人称代名詞・時や場所の表現が違ってきます。

それぞれについて確認していきましょう。

時制の違い

She said, “This flower is beautiful.”(彼女は「この花はきれいです。」と言いました。)

直接話法なので、彼女の発言をそのまま記載します。

彼女がそう言ったのは過去なので、「言う」は過去形の「said」を使いますが、ダブルクォーテーションの中は現在形のままです。

She said the flower was beautiful.(彼女はその花はきれいだと言いました。)

間接話法では、彼女がどのよう言ったのかを伝えます。

彼女が「この花はきれいです。」と言ったのは過去の事なので、時制の一致によって動詞は過去形になります。

過去形だからと言って、彼女が「この花はきれいでした。」と言ったわけではありません。

人称代名詞の違い

He said, “I don’t like my school.”(彼は、「私は自分の学校が好きではない。」と言いました。)

直接話法では、彼自身の言葉をそのまま引用するので、ダブルクォーテーションの中の人称代名詞は、私(I)私の(my)になります。

彼から見た人称代名詞を使います。

He said he didn’t like his school.(彼は、自分の学校が好きではないと言いました。)

間接話法では、彼がどのように言っていたかを説明するので、人称代名詞は彼(he)彼の(his)になります。

話し手から見た人称代名詞を使います。

時や場所の違い

She told me, “I will go to your house at 15:00 tomorrow.”(彼女は私に、「私は明日の15時にあなたの家に行きます。」と言いました。)

直接話法では、彼女の言葉をそのまま引用するので、「tomorrow(明日)」と記載します。

She told me she would come to my house at 15:00 the next day.(彼女は私に、次の日の15時に私の家に来ると言いました。)

間接話法では、話し手から見た時を表します。

「私」から見ると、彼女が明日、家に来るのではなく、話をしたその次の日に家に来ると言っているので、「the next day(次の日)」に変更します。

The teacher told me, “You must not eat here.”(先生は私に、「あなたはここで食事をしてはいけません。」と言いました。)

直接話法では、先生の言葉をそのまま引用するので、「here(ここ)」と記載します。

The teacher told me that I shouldn’t eat there.(先生は私に、そこで食事をしてはいけないと言いました。)

間接話法では、話し手から見た場所を表します。

話し手から見たら「here(ここ)」ではなく先生が言っていた「そこ」なので、「there(そこ)」に変更します。

直接話法と間接話法の違い|疑問文

疑問詞を使った疑問文

I asked him, “When did you come to Tokyo?”(私は彼に、「いつ東京にきましたか?」と尋ねました。)

直接話法では、私の言葉をそのまま引用するので、疑問詞から始まる疑問文で記載します。

I asked him when he came to Tokyo.(私は彼に、いつ東京にきましたかと尋ねました。)

間接話法では、疑問詞を使った疑問文の場合、「疑問詞+S+V」という語順になります。

Yes/Noで答える疑問文

He asked her, “Are you tired?“(彼は彼女に「疲れていますか?」と尋ねました。)

直接話法では、彼の言葉をそのまま引用するので、be動詞から始まる疑問文で記載します。

He asked her if she was tired.(彼は彼女に疲れているかどうか尋ねました。)

間接話法では、Yes/Noで答える疑問文の場合、ifを使って「if+S+V」と記載します。

She asked me whether I knew him.(彼女は私に、彼を知っているかどうか尋ねました。)

「if」のかわにり「whether」を使うこともできます。

直接話法と間接話法の違い|命令文

The teacher said to me, “Go home early.”(先生は私に「早く帰りなさい。」と言いました。)

こちらは、直接話法で、人に何かをするように求める命令文です。

The teacher told me to go home early.(先生は私に早く帰るように言いました。)

間接話法では、人に何かをするように求める場合、「tell+人+to+do」で表します。

The policeman told him, “Don’t enter the building.”(警官は彼に、「その建物に入らないように。」と言いました。)

こちらは、直接話法で、禁止を表す命令文です。

The policeman told him not to enter the building.(警官は彼に、その建物に入らないようにと言いました。)

間接話法では、禁止を表す場合、「tell+人+not+to+do」で表します。

She asked me, “Please help me carry my luggage.”(彼女は私に「荷物を持つのを手伝ってください。」と頼みました。)

こちらは、直接話法で、依頼を表す命令文です。

She asked me to help me with my luggage.(彼女は私に荷物を持つのを手伝ってくださいと頼みました。)

間接話法では、依頼を表す場合、「ask+人+to+do」で表します。

英語の直接話法と間接話法とは?|まとめ

いかがでしたでしょうか?

下記のサイトでは、英語を理解するために必要となる英語の文法について、網羅的にまとめていますので参考にしてください。

あわせて読みたい

英語文法まとめサイト|英文法基礎から上級まで23種類を例文で解説
このサイトでは、英語を理解するために必要となる英語の文法について、網羅的にまとめています。 【英語の文法|英語の文章の構成】 英語の文章の構成要素である「文」...

量が多すぎてどこから読んでいいのかわからない、もう少し、基本的なことから勉強したい場合は、まずは、下記のサイトを参照することをお勧めします。

あわせて読みたい

中学英語文法一覧|英文法24種類をわかりやすい例文と一覧表で解説
英語の基礎となる、中学校で習うレベルの英文法を一覧でまとめています。 【中学英語文法一覧|文の要素】 文の要素とは、英文がどのように構成されているかを表したも...

このサイトが、皆さんの英語学習の手助けになれば幸いです。

あわせて読みたい

オンライン英会話ってどこがいいの?私が実際に体験した6社を紹介
オンライン英会話ってどこがいいのか? こんなお悩みを解決します。 残念ながら、「オンライン英会話はここが一番です。」と一言で答えることができません。 なぜなら、...

あわせて読みたい

スタディサプリ英語コースの違いを徹底比較|どれがおすすめなの?
スタディサプリで英語を勉強したいけど、スタディサプリの違いがわからない。 こんなお悩みを解決します。 私はスタディサプリを140時間くらい使いました。 スタディサ...

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる