MENU

英語の冠詞とは?|冠詞の種類、不定冠詞(a/an)と定冠詞(the)の使い方

ブログランキング・にほんブログ村へ PVアクセスランキング にほんブログ村

日本語では「本」を表すとき、単純に「本」と言います。

英語では、「book(本)」を表す時、「book(本)」の前に「a」や「the」を置き、「a book」「the book」と表します。

この「a」や「the」の事を、「冠詞」と言います。

英語の冠詞について確認していきましょう。

目次

英語の冠詞とは?

日本語では、何かの名詞を表す時は、単純にその物の名前を言います。

英語の場合、名詞の前に、その名詞の数や定性に合わせた冠詞を置く必要があります。

There is a cat on the park bench.(公園のベンチには猫がいます。)

猫なら「猫」で、1匹でも猫、2匹でも猫ですが、名詞の場合、猫が何匹かを明確に表します。

この場合、「a cat」なので、猫は1匹いることになります。

The cat is sleeping on a bench.(その猫は、ベンチの上で寝ています。)

先ほどの猫が、ベンチの上で寝ている場合は、「The cat」を使います。

既に一度説明した猫のことなので、「a cat(どこかの猫)」ではなく、「the cat(先ほど話をしたその猫)」と表します。

There are also dogs in the park.(公園には犬もいます。)

こちらは、公園には猫以外に犬もいたケースです。

犬が複数いる場合、「dog」の複数形「dogs」で表します。

複数形では不定冠詞(a/an)は使えないので、冠詞を使いません。

冠詞が無い状態を、「無冠詞」と言います。

冠詞の種類

英語には、3種類の冠詞があります。

「不定冠詞(a/an)」、「定冠詞(the)」、「無冠詞」です。

「不定冠詞(a/an)」は「1つの」という意味があるので、数えられる「不特定」の名詞の単数形の前に置きます。

「定冠詞(the)」は「その」という意味があり、単数形・複数形・数えられない「特定」の名詞いずれの前にも置くことができます。

「不特定」の名詞なのに、「不定冠詞(a/an)」が使えない場合は、「無冠詞」となります。

数えられるか?単数/複数不定冠詞(a/an)定冠詞(the)無冠詞
数えられる単数形a bookthe book
数えられる複数形the booksbooks
数えられないthe moneymoney

不定冠詞(a/an)の使い方

「不定冠詞」は「a」と「an」の2種類があります。

a house(家)、a hat(帽子)、 a cup(コップ)

名詞が子音で始まる場合、不定冠詞の「a」を使います。

an apple(りんご)、an orange(オレンジ)、an egg(卵)

名詞が母音で始まる場合、不定冠詞の「an」を使います。

There is a boy in the park.(公園には一人の男の子がいます。)

今まで話に出てきていない人や物を表す時に使い、「a boy」で「とある男の子」の意味になります。

Could you give me an apple?(りんごをひとついただけますか?)

たくさんある物の中からどれでもいいので一つを表す時に使い、「an apple」で「どれでもいいのでりんごをひとつ」の意味になります。

They took a rest.(彼らは一休みしました。)

抽象名詞と共にひとつのまとまりを表す時に使い、「a rest」で「一休み」の意味になります。

This oil costs $ 100 a kilo.(この油は1キロあたり100ドルです。)

単位を表す語の前で使い、「a kilo」で「1キロあたり」の意味になります。

定冠詞(the)の使い方

「定冠詞」は「the」で、「特定」の名詞の前に置きます。

There is a girl in the park. The girl is my sister.(公園に女の子がいます。その女の子は私の妹です。)

会話の中に既に出てきている人や物を指す場合、定冠詞の「the」を使います。

最初に公園に女の子がいると説明したので、2回目は「the girl(その女の子)」と言います。

Did you explain to the teacher?(先生に説明しましたか?)

相手が「どれ/誰」の事を言っているのか特定できる場合は、定冠詞の「the」を使います。

「先生」と言えば、どの先生かわかる会話の場合、「the teacher(その先生)」と言います。

He is the first person I called.(彼が、私が最初に電話をかけた人です。)

特定されている人や物を指す場合、定冠詞の「the」を使います。

電話を最初にかけた人はと特定されているので、「the first person I called(私が最初に電話をかけた人)」と言います。

Many creatures live on the earth.(地球上には沢山の生物が住んでいます。)

聞かなくても誰でもわかるような物には、定冠詞の「the」を使います。

地球は1つしかなく、誰も間違いようが無いので、「the earth(地球)」と言います。

無冠詞になる場合

一つのまとまりとしてとらえることができないような名詞には、冠詞が付かない場合があります。

冠詞が付かないことを、「無冠詞」と言います。

The book contained important information.(その本には重要な情報が書いてありました。)

情報のように不可算名詞で、特定していない名詞については、冠詞はつけません。

「なんらかの情報」なので、無冠詞になります。

No one knows the information yet.(誰もまだその情報を知りません。)

不可算名詞でも、特定する場合は「定冠詞」の「the」が付きます。

Books are lined up on the bookshelf.(本棚には本が並べられています。)

不特定の可算名詞でも、複数形の場合は無冠詞になります。

It’s important to go to school.(学校に行くのは重要だ。)

機能に焦点を当てている場合は無冠詞になります。

学校の建物が重要なのではなく、学校いう学びの場に行くことが重要なので、無冠詞となります。

He is a teacher at the school.(彼は、その学校の先生です。)

特定の学校を指す場合は、定冠詞の「the」を付けます。

I came to Tokyo by train.(東京まで電車で来ました。)

byを使って手段を表す場合は無冠詞になります。

Life is very long.(人生はとても長い。)

広く一般的なことを述べる場合、無冠詞になる場合もあります。

I live in Japan.(私は日本に住んでいます。)

国名は無冠詞になります。

I live in the United States.(私はアメリカに住んでいます。)

ただし、「the」を含む国名もあります。

We are having lunch.(私たちは昼食を食べています。)

食事を表す語は無冠詞になります。

Is there a free day on Sunday in May?(5月の日曜日で空いている日はありますか?)

曜日や月を表す語は無冠詞になります。

英語の冠詞とは?|まとめ

いかがでしたでしょうか?

下記のサイトでは、英語を理解するために必要となる英語の文法について、網羅的にまとめていますので参考にしてください。

あわせて読みたい

英語文法まとめサイト|英文法基礎から上級まで23種類を例文で解説
このサイトでは、英語を理解するために必要となる英語の文法について、網羅的にまとめています。 【英語の文法|英語の文章の構成】 英語の文章の構成要素である「文」...

量が多すぎてどこから読んでいいのかわからない、もう少し、基本的なことから勉強したい場合は、まずは、下記のサイトを参照することをお勧めします。

あわせて読みたい

中学英語文法一覧|英文法24種類をわかりやすい例文と一覧表で解説
英語の基礎となる、中学校で習うレベルの英文法を一覧でまとめています。 【中学英語文法一覧|文の要素】 文の要素とは、英文がどのように構成されているかを表したも...

このサイトが、皆さんの英語学習の手助けになれば幸いです。

あわせて読みたい

オンライン英会話ってどこがいいの?私が実際に体験した6社を紹介
オンライン英会話ってどこがいいのか? こんなお悩みを解決します。 残念ながら、「オンライン英会話はここが一番です。」と一言で答えることができません。 なぜなら、...

あわせて読みたい

スタディサプリ英語コースの違いを徹底比較|どれがおすすめなの?
スタディサプリで英語を勉強したいけど、スタディサプリの違いがわからない。 こんなお悩みを解決します。 私はスタディサプリを140時間くらい使いました。 スタディサ...

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる