MENU

英語の否定文とは?|否定語・準否定語一覧と否定文の作り方を説明

ブログランキング・にほんブログ村へ PVアクセスランキング にほんブログ村

英語で否定文を作る場合、通常は動詞の後に「not」を置きます。

「not」以外にも、「never(一度も~ない)」や「no(ひとつも~ない)」を使うことで、否定文を作ることができます。

「not」などのように完全に否定する語以外にも、「ほとんど~ない」「めったに~ない」など、完全ではなくとも否定する語もあります。

英語の否定文について確認していきましょう。

目次

英語の否定文とは?

英語で否定文を作る場合、通常は動詞の後に「not」を置きます。

I’m tired.(私は疲れています。)

上記の文を否定する場合、動詞の後に「not」を付けます。

I’m not tired.(私は疲れていません。)

「not」でbe動詞を否定します。

一般動詞の否定文を作る時は、「do/does/did」を一緒に使います。

She came.(彼女は来ました。)

「came」は一般動詞の過去形なので、「did」を一緒に使います。

She didn’t come.(彼女は来ませんでした。)

「didn’t」で、came(来た)を否定します。

「no(何も~ない)」のように1語だけで否定文を作れる語もあります。

There are no flowers in the park.(公園には、花は咲いていません。)

「hardly(ほどんど~ない)」のように完全に否定するわけではなく、あいまいに否定する語もあります。

She hardly remembered that.(彼女はそのことを、ほとんど覚えていませんでした。)

否定語・準否定語一覧

否定語には、完全に否定する「否定語」と、あいまいに否定する「準否定語」があります。

分類意味
否定語not~ない
否定語never一度も~ない
否定語no全く~ない、一つも~ない
準否定語hardly(程度が)ほとんど~ない
準否定語scarcely(程度が)ほとんど~ない
準否定語rarely(頻度が)ほとんど~ない
準否定語seldom(頻度が)ほとんど~ない
準否定語few(量が)ほとんど~ない
準否定語little(数が)ほとんど~ない

否定文の作り方

否定語「not」を使った否定文の作り方

「not」は「~ない」を表し、否定文を作るとき、通常は動詞や助動詞の後に置きます。

He is not my teacher.(彼は私の先生ではありません。)

be動詞の場合、be動詞の後に「not」を置きます。

She doesn’t know that.(彼女はそのことを知りません。)

一般動詞の場合、一般動詞の前に「do/does/did」と「not」を置きます。

I can’t go out today.(私は今日、出かけることができません。)

助動詞の場合、助動詞の後に「not」を置きます。

He told her not to run.(彼は彼女に走らないようにと言いました。)

特定の語・句・節を否定する場合、否定する語・句・節の前に「not」を置きます。

上記の場合、「told(言った)」を否定しているのではなく、「not」の後ろの「run(走ること)」を否定しています。

否定語「never」を使った否定文の作り方

「never」は「一度も~ない」を表し、否定文を作る時は、be動詞の後、一般動詞の前、助動詞の後に置きます。

The movie is never interesting.(その映画は決して面白ありません。)

動詞がbe動詞の場合、be動詞の後に「never」を置きます。

He never gets angry.(彼は決して怒りません。)

動詞が一般動詞の場合、一般動詞の前に「never」を置きます。

I will never see him again.(もう二度と彼には会いません。)

助動詞がある場合、助動詞の後(助動詞+never+動詞)に「never」を置きます。

否定語「no」を使った否定文の作り方

「no」は「全く~ない、一つも~ない」を表し、否定文を作る時は名詞の前に置きます。

There were no children in the room.(その部屋に子供は誰もいませんでした。)

「children(子供)」の前に「no」を置くことで、子供がいたことを否定します。

He has no books at all.(彼は全く本を持っていません。)

「books(本)」の前に「no」を置くことで、本を持っていることを否定します。

準否定語「hardly」を使った否定文の作り方

「hardly」は「(程度が)ほとんど~ない」を表し、否定文を作る時は動詞の前に置きます。

He hardly remembered her.(彼は彼女の事をほとんど覚えていませんでした。)

「remembered(覚えている)」の前に「hardly」を置くことで、ほとんど覚えていなかったことを表します。

I could hardly explain that.(私はそのことをほとんど説明できませんでした。)

「explain(説明する)」の前に「hardly」を置くことで、ほとんど説明できなかったことを表します。

助動詞を使う場合は、「助動詞+hardly+動詞」の語順になります。

準否定語「scarcely」を使った否定文の作り方

「scarcely」は「(程度が)ほとんど~ない」を表し、否定文を作る時は動詞の前に置きます。

hardlyと同じ意味ですが、hardlyよりscarcelyの方がすこし強く、文語的な表現になります。

He scarcely laughs.(彼はほとんど笑いません。)

「laugh(笑う)」の前に「scarcely」を置くことで、ほとんど笑わないことを表します。

I could scarcely hear his voice.(私は彼の声をほとんど聞くことができませんでした。)

「hear(聞く)」の前に「scarcely」を置くことで、ほとんど聞くことができなかったことを表します。

助動詞を使う場合は、「助動詞+scarcely+動詞」の語順になります。

準否定語「rarely」を使った否定文の作り方

「rarely」は「(頻度が)ほとんど~ない」を表し、否定文を作る時は動詞の前に置きます。

He rarely goes home.(彼はめったに家に帰りません。)

「go home(家に帰る)」の前に「rarely」を置くことで、ほとんど家に帰らないことを表します。

I rarely study.(私はほとんど勉強をしません。)

「study(勉強をする)」の前に「rarely」を置くことで、ほとんど勉強をしないことを表します。

準否定語「seldom」を使った否定文の作り方

「seldom」は「(頻度が)ほとんど~ない」を表し、否定文を作る時は動詞の前に置きます。

rarelyと同じ意味ですが、seldom の方が少しフォーマルな表現です。

She seldom calls.(彼女はめったに電話をしてきません。)

「call(電話をする)」の前に「seldom」を置くことで、ほとんど電話をしないことを表します。

I seldom eat breakfast.(私はほとんど朝ごはんを食べません。)

「eat(食べる)」の前に「seldom」を置くことで、ほとんど食べないことを表します。

準否定語「few」を使った否定文の作り方

「few」は「(量が)ほとんど~ない」を表し、否定文を作る時は名詞の前に置きます。

There were few books on the bookshelf.(本棚に本はほとんどありませんでした。)

「books(本)」の前に「few」を置くことで、ほとんど本がないことを表します。

Few people came to school.(学校に来た人はほとんどいませんでした。)

「people(人)」の前に「few」を置くことで、ほとんど人がいなかったことを表します。

準否定語「little」を使った否定文の作り方

「little」は「(数が)ほとんど~ない」を表し、否定文を作る時は名詞の前に置きます。

At that time, I had little money.(その時、お金はほとんどありませんでした。)

「money(お金)」の前に「little」を置くことで、ほとんどお金がなかったことを表します。

I had little time to explain to her.(彼女に説明する時間がほとんどありませんでした。)

「time(時間)」の前に「little」を置くことで、ほとんど時間がなかったことを表します。

|まとめ

いかがでしたでしょうか?

下記のサイトでは、英語を理解するために必要となる英語の文法について、網羅的にまとめていますので参考にしてください。

あわせて読みたい

英語文法まとめサイト|英文法基礎から上級まで23種類を例文で解説
このサイトでは、英語を理解するために必要となる英語の文法について、網羅的にまとめています。 【英語の文法|英語の文章の構成】 英語の文章の構成要素である「文」...

量が多すぎてどこから読んでいいのかわからない、もう少し、基本的なことから勉強したい場合は、まずは、下記のサイトを参照することをお勧めします。

あわせて読みたい

中学英語文法一覧|英文法24種類をわかりやすい例文と一覧表で解説
英語の基礎となる、中学校で習うレベルの英文法を一覧でまとめています。 【中学英語文法一覧|文の要素】 文の要素とは、英文がどのように構成されているかを表したも...

このサイトが、皆さんの英語学習の手助けになれば幸いです。

あわせて読みたい

オンライン英会話ってどこがいいの?私が実際に体験した6社を紹介
オンライン英会話ってどこがいいのか? こんなお悩みを解決します。 残念ながら、「オンライン英会話はここが一番です。」と一言で答えることができません。 なぜなら、...

あわせて読みたい

スタディサプリ英語コースの違いを徹底比較|どれがおすすめなの?
スタディサプリで英語を勉強したいけど、スタディサプリの違いがわからない。 こんなお悩みを解決します。 私はスタディサプリを140時間くらい使いました。 スタディサ...

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる