MENU

受動態の英語の文法とは?意味や使い方を例文でわかりやすく説明

ブログランキング・にほんブログ村へ PVアクセスランキング にほんブログ村
目次

受動態の英語の文法とは?

「主語が~する」のように、主語が何かの動作をする場合を能動態と言います。

「主語が何かによって~される」のように、主語が他のものによって動作をされる場合を受動態と言います。

英語の文法では、受動態は「主語+be動詞+過去分詞」で表します。

能動態

He made the chair.(彼がその椅子を作りました。)

主語(He)が動作(made)をするので能動態です。

受動態

The chair was made by him.(その椅子は彼によって作られました。)

主語(chair)が他の人(him)によって動作(be made)されるので受動態です。

受動態で使う過去分詞

動詞には、「原形」「過去形」「過去分詞」があります。

受動態で使うのは、過去形ではなく過去分詞です。

規則動詞の過去分詞

規則動詞の過去分詞は、過去形と同じ形で、動詞の語尾に「ed」を付けます。

不規則動詞の過去分詞

不規則動詞の過去分詞は、過去形と同じ形のものも違う形のものもあります。

動詞の変化の例

動詞の種類変化の仕方原形過去形過去分詞
規則動詞動詞の語尾に「ed」を付けるlike
talk
liked
talked
liked
talked
不規則動詞原形≠過去形≠過去分詞go
know
went
knew
gone
known
不規則動詞過去形=過去分詞make
have
made
had
made
had
不規則動詞原形=過去分詞comecamecome
不規則動詞原形=過去形=過去分詞cut
hit
cut
hit
cut
hit

受動態の時制

受動態は、下記のように8つの時制で使うことができます。

現在時制

The tower is built.(塔が建てられます。)

過去時制

The tower was built.(塔が建てられました。)

未来時制

The tower will be built.(塔は建てられるでしょう。)

現在完了時制

The tower has been built.(塔が建てられてきました。)

過去完了時制

The tower had been built.(塔が建設されてきていました。)

未来完了時制

The tower will have been built.(塔は建てられているでしょう。)

進行形現在時制

The tower is being built.(塔が建てられています。)

進行形過去時制

The tower was being built.(塔が建てられていました。)

受動態の肯定文

受動態の肯定文では、「主語+be動詞+過去分詞」で「主語が~される」を表します。

The door was closed.(ドアが閉められました。)

The vase was broken.(花瓶が壊されました。)

受動態の否定文

受動態の否定文では、「主語+be動詞+not+過去分詞」で「主語が~されない」を表します。

This room is not cleaned.(この部屋は掃除されない。)

The cinema was not repaired.(映画館は修理されませんでした。)

受動態の疑問文

受動態の疑問文では、「be動詞+主語+過去分詞」で「主語が~されたか?」を表します。

Was the meeting held?(会議は開催されましたか?)

Was the vase destroyed by him?(花瓶は彼に壊されたのですか?)

受動態の命令文

受動態の命令文では、「Let+主語+be動詞+過去分詞」で「主語が~(されるように)しましょう」を表します。

Let the desk be repaired.(机を修理しましょう。)

Let the room be cleaned.(部屋を掃除しましょう。)

受動態で使われる前置詞

受動態では、過去分詞の後に「前置詞+名詞」が続くことがよくあります。

受動態で使われる前置詞のby

受動態で最もよく使われる前置詞は「by」(~によって)です。

This book was written by Tom.(この本はトムによって書かれました。)

The door was broken by my brother.(ドアは私の弟によって壊されました。)

The library is used by many people.(図書館は沢山の人々に使われています。)

受動態で使われるby以外の前置詞

受動態では「by」(~によって)以外の前置詞も良く使われます。

This letter was written with a blue pen.(この手紙は青いペンで書かれました。)

The pond is filled with water.(池は水で満たされています。)

The sky is covered with clouds.(空は雲で覆われています。)

The news was written in the newspaper.(そのニュースは新聞に書かれました。)

English is spoken in many countries.(英語は沢山の国で話されています。)

This chair is made of wood.(この椅子は木で作られています。)

※見た目でわかる材料から作られている場合は、「of」を使います。

Cheese is made from milk.(チーズは牛乳から作られています。)

※見た目でわからない原料から作られている場合は「from」を使います。

The bridge is closed for construction.(橋は工事のため封鎖されている。)

The cake was made for a birthday.(ケーキは誕生日のために作られました。)

He is known throughout the school.(彼は学校中で知られています。)

受動態の慣用表現

英語では、感情を表す表現を受動態で表すことがよくあります。

例えば「surprise」は驚かすという意味のため、そのまま使うと誰かを驚かせたという意味になります。

I surprised him.(私は彼を驚かせました。)

驚かされた場合は受動態を使います。

「be surprised at」で「~に驚く」という慣用表現になります。

He was surprised at the news.(彼はその知らせに驚きました。)

be surprised at ~(~に驚く)

I was surprised at his sudden visit.(私は突然の彼の訪問に驚きました。)

be interested in ~(~に興味がある)

I’m interested in dancing.(私はダンスに興味があります。)

be delighted with ~(~に喜ぶ)

She was delighted with the present.(彼女はプレゼントに喜びました。)

be disappointed with ~(~にがっかりする)

I was disappointed with his explanation.(私は彼の説明にがっかりしました。)

be satisfied with ~(~に満足する)

I was satisfied with the proposal.(私はその提案に満足しました。)

be tired of ~(~に飽きている)

I’m tired of his story.(私は彼の話に飽きています。)

be worried about ~(~を心配している)

I am worried about my mother’s illness.(私は母の病気を心配しています。)

怪我や生死についても、自分が意図的に行う事ではないので、受動態がよく使われます。

be killed(死ぬ)

Her grandfather was killed in the war.(祖父はその戦争で死にました。)

be born(生まれる)

My sister was born in August.(妹は8月に生まれました。)

be injured(怪我をする)

He was injured in a car accident.(彼は車の事故で怪我しました。)

他にも「受動態+前置詞」の慣用表現は沢山ありますでの、代表的なものを見て行きましょう。

be covered with ~(~に覆われている)

The desk is covered with books.(机の上は本で覆われている。)

be crowded with ~(~で混んでいる)

The station is crowded with people.(駅は人で混んでいる。)

be filled with ~(~で満たされている)

The cup is filled with water.(コップは水で満たされている。)

be known to ~(~に知られている)

The story is known to everyone.(その話は皆に知られている。)

受動態の英語の文法とは?|まとめ

いかがでしたでしょうか?

下記のサイトでは、英語を理解するために必要となる英語の文法について、網羅的にまとめていますので参考にしてください。

あわせて読みたい

英語文法まとめサイト|英文法基礎から上級まで23種類を例文で解説
このサイトでは、英語を理解するために必要となる英語の文法について、網羅的にまとめています。 【英語の文法|英語の文章の構成】 英語の文章の構成要素である「文」...

量が多すぎてどこから読んでいいのかわからない、もう少し、基本的なことから勉強したい場合は、まずは、下記のサイトを参照することをお勧めします。

あわせて読みたい

中学英語文法一覧|英文法24種類をわかりやすい例文と一覧表で解説
英語の基礎となる、中学校で習うレベルの英文法を一覧でまとめています。 【中学英語文法一覧|文の要素】 文の要素とは、英文がどのように構成されているかを表したも...

このサイトが、皆さんの英語学習の手助けになれば幸いです。

あわせて読みたい

オンライン英会話ってどこがいいの?私が実際に体験した6社を紹介
オンライン英会話ってどこがいいのか? こんなお悩みを解決します。 残念ながら、「オンライン英会話はここが一番です。」と一言で答えることができません。 なぜなら、...

あわせて読みたい

スタディサプリ英語コースの違いを徹底比較|どれがおすすめなの?
スタディサプリで英語を勉強したいけど、スタディサプリの違いがわからない。 こんなお悩みを解決します。 私はスタディサプリを140時間くらい使いました。 スタディサ...


よかったらシェアしてね!
目次
閉じる