MENU

前置詞の文法をわかりやすく|よく使う前置詞を32の例文で説明

ブログランキング・にほんブログ村へ PVアクセスランキング にほんブログ村
目次

前置詞の文法をわかりやすく説明

前置詞は、名詞・代名詞・動名詞の前に置き、それらとの関係を表します。

たとえば「in(~に)」や「on(の上に)」などを使い、後ろに続く語との関係を表します。

The girl in the park is my sister.(公園にいる女の子は私の妹です。)

この場合、「park」(公園)の前に「in」を置くことで「公園に」となります。

The book on the desk is mine.(机の上にある本は私のです。)

「desk」(机)の前に「on」を置くことで「机の上にある」となります。

他にも多数の前置詞がありますので、一つづつ、用法を確認していきましょう。

よく使う英語の前置詞一覧表

まずは、前置詞にはどんなものがあるのか見てみましょう。

良く使う前置詞には下記のようなものがあります。

前置詞意味
in~に、~で
on~の上に(接して上にある)
at~に
to~に
of~の
by~で、~までに(ある時点までに完了する)
under~の下に
until~まで(ある時点まで継続する)
for~のあいだ(時間・日数・年数など)
during~のあいだ(特定の期間)
from~から(始まる時点を表す)
since~から(現在までの継続を表す)
above~の上に(離れて上にある)
below~より下に
between~のあいだに(2つのものに挟まれて)
among~のあいだに(3つ以上のものに囲まれて)
along~に沿って、~を通って
across~を横切って
with~に、~で、~と一緒に
into~の中に
about~について
near~の近くに
before~の前に
after~の後に
through~を通って
around~の周りに
behind~の後ろに
beyond~の向こうに
within~以内で
without~なしに
inside~の内部に
outside~の外に

よく使う前置詞を例文で説明

前置詞【in】の使い方

時を表す前置詞

「~に」など季節や年月を表す場合はinを使います。

School begins in spring.(春に学校は始まります。)

He comes to Tokyo in December.(彼は12月に東京に来ます。)

場所・位置・方向を表す前置詞

「~で」など場所を表す場合はinを使います。

She is in the park.(彼女は公園にいます。)

前置詞【on】の使い方

時を表す前置詞

「~に」など日付や曜日を表す場合はonを使います。

I will celebrate Christmas Eve on December 24.(私は12月24日にクリスマスイブのお祝いをします。)

I go to the movie on Sunday.(日曜日に映画に行きます。)

場所・位置・方向を表す前置詞

「~の上に」など接して上にある状態を表す場合はonを使います。

The book is on the desk.(その本は机の上にあります。)

前置詞【at】の使い方

時を表す前置詞

「~に」など時刻を表す場合はatを使います。

I get up at 6:00 every day.(私は毎日6時に起きます。)

場所・位置・方向を表す前置詞

「~で」など場所を表す場合はatを使います。

I had lunch at the restaurant.(私はレストランで昼食を食べた。)

前置詞【to】の使い方

場所・位置・方向を表す前置詞

「~に」「~へ」などの方向を表す場合はtoを使います。

He walked to the station.(彼は駅に歩いて行った。)

前置詞【of】の使い方

関連を表す前置詞

「~の」など他との関連を表す場合はofを使います。

Snow is piled up on the top of the mountain.(山の頂上に雪が積もっている。)

前置詞【by】の使い方

時を表す前置詞

「~までに」など期限を表す場合はbyを使います。

She will come by noon.(彼女はお昼までには来ます。)

手段や方法を表す前置詞

「~によって」など手段を表す場合はbyを使います。

This was made by them.(これは彼らによって作られました。)

前置詞【under】の使い方

場所・位置・方向を表す前置詞

「~の下には」など場所を表す場合はunderを使います。

She is waiting under a tree.(彼女は木の下で待っている。)

前置詞【until】の使い方

時を表す前置詞

「~まで」などある時点まで継続する時を表す場合はuntilを使います。

They are in Tokyo until Sunday.(彼らは日曜日まで東京にいます。)

前置詞【for】の使い方

時を表す前置詞

「~の間」など期間を表す場合はforを使います。

I waited for 30 minutes.(私は30分の間待ちました。)

場所・位置・方向を表す前置詞

「~に向けて」など方向を表す場合はforを使います。

He left for Tokyo.(彼は東京に向けて出発しました。)

目的を表す前置詞

「~のために」など目的を表す場合はforを使います。

I bought this for you.(これをあなたのために買いました。)

前置詞【during】の使い方

時を表す前置詞

「~の間」など特定の期間を表す場合はduringを使います

I ate popcorn during the movie.(私は映画の間にポップコーン食べた。)

前置詞【from】の使い方

時を表す前置詞

「~から」など時間の起点を表す場合はfromを使います。

This shop is open from 10am to 7pm.(このお店は午前10時から午後7時まで営業しています。)

場所・位置・方向を表す前置詞

「~から」など場所の起点を表す場合はfromを使います。

Please walk from here.(ここから歩いて行ってください。)

前置詞【since】の使い方

時を表す前置詞

「~以来」など現在まで継続する期間を表す場合はsinceを使います。

He has been worried since then.(彼はその時以来ずっと悩んでいます。)

前置詞【above】の使い方

場所・位置・方向を表す前置詞

「~の上を」など離れて上にあるものを表す場合はaboveを使います。

鳥は木の上を飛んだ。(The birds flew above the trees.)

前置詞【below】の使い方

場所・位置・方向を表す前置詞

「~より下に」など場所を表す場合はbelowを使います。

Write your name below this line.(あなたの名前をこの線の下に書いて下さい。)

前置詞【between】の使い方

場所・位置・方向を表す前置詞

2つのものに挟まれて「~のあいだに」を表す場合はbetweenを使います。

The bank is located between the hotel and the restaurant.(その銀行はホテルとレストランの間にあります。)

前置詞【among】の使い方

場所・位置・方向を表す前置詞

複数の人や物に囲まれて「~のあいだに」を表す場合はamongを使います。

He was among a lot of friends at that time.(彼はその時大勢の友達のあいだにいました。)

前置詞【along】の使い方

場所・位置・方向を表す前置詞

「~に沿って」など位置を表す場合はalongを使います。

She was walking along the river.(彼女は川に沿って歩いていました。)

前置詞【across】の使い方

場所・位置・方向を表す前置詞

「~を横切って」など位置を表す場合はalongを使います。

The store is across this road.(その店はこの道路を横切ったところにあります。)

前置詞【with】の使い方

原因・理由を表す前置詞

「~に」など理由を表す場合はwithを使います。

He was pleased with her home cooking.(彼は彼女の手料理に喜んだ。)

手段や方法を表す前置詞

「~で」など手段を表す場合はwithを使います。

Please open the door with this key.(この鍵でドアを開けて下さい。)

前置詞【into】の使い方

場所・位置・方向を表す前置詞

「~の中に」など場所を表す場合はintoを使います。

He went into the building.(彼はそのビルの中に入っていった。)

前置詞【about】の使い方

関連を表す前置詞

「~について」など関連を表す場合はaboutを使います。

I don’t know anything about that.(私はそのことについて何も知りません。)

前置詞【near】の使い方

場所・位置・方向を表す前置詞

「~の近くに」など位置を表す場合はnearを使います。

My grandmother’s villa is near the sea.(祖母の別荘は海の近くにあります。)

前置詞【before】の使い方

時を表す前置詞

「~の前に」など時を表す場合はbeforeを使います。

Wash your hands before meals.(食事の前に手を洗いなさい。)

前置詞【after】の使い方

時を表す前置詞

「~の前に」など時を表す場合はafterを使います。

I will meet you after the meeting.(会議の後にお会いします。)

前置詞【through】の使い方

場所・位置・方向を表す前置詞

「~を通って」など場所を表す場合はthroughを使います。

Let’s go through this forest.(この森を通って行きましょう。)

前置詞【around】の使い方

場所・位置・方向を表す前置詞

「~の周りに」など位置を表す場合はaroundを使います。

There are many trees around the park.(公園の周りには沢山の木があります。)

前置詞【behind】の使い方

場所・位置・方向を表す前置詞

「~の後ろに」など場所を表す場合はbehindを使います。

The store is behind this building.(そのお店はこのビルの後ろにあります。)

前置詞【beyond】の使い方

場所・位置・方向を表す前置詞

「~の向こうに」など位置を表す場合はbeyondを使います。

The sea is beyond this mountain.(海はこの山の向こうにあります。)

前置詞【within】の使い方

時を表す前置詞

「~以内で」など時間を表す場合はwithinを使います。

Please come within 5 minutes.(5分以内に来てください。)

前置詞【without】の使い方

手段や方法を表す前置詞

「~なしに」など手段を表す場合はwithoutを使います。

He went out without eating.(彼はご飯も食べずに出かけて行った。)

前置詞【inside】の使い方

場所・位置・方向を表す前置詞

「~の内部に」など場所を表す場合はinsideを使います。

The treasure is hidden inside the castle.(宝は城の内部に隠されています。)

前置詞【outside】の使い方

場所・位置・方向を表す前置詞

「~の外に」など場所を表す場合はoutsideを使います。

There was no one outside.(外には誰もいなかった。)

前置詞の文法をわかりやすく|まとめ

いかがでしたでしょうか?

下記のサイトでは、英語を理解するために必要となる英語の文法について、網羅的にまとめていますので参考にしてください。

あわせて読みたい

英語文法まとめサイト|英文法基礎から上級まで23種類を例文で解説
このサイトでは、英語を理解するために必要となる英語の文法について、網羅的にまとめています。 【英語の文法|英語の文章の構成】 英語の文章の構成要素である「文」...

量が多すぎてどこから読んでいいのかわからない、もう少し、基本的なことから勉強したい場合は、まずは、下記のサイトを参照することをお勧めします。

あわせて読みたい

中学英語文法一覧|英文法24種類をわかりやすい例文と一覧表で解説
英語の基礎となる、中学校で習うレベルの英文法を一覧でまとめています。 【中学英語文法一覧|文の要素】 文の要素とは、英文がどのように構成されているかを表したも...

このサイトが、皆さんの英語学習の手助けになれば幸いです。

あわせて読みたい

オンライン英会話ってどこがいいの?私が実際に体験した6社を紹介
オンライン英会話ってどこがいいのか? こんなお悩みを解決します。 残念ながら、「オンライン英会話はここが一番です。」と一言で答えることができません。 なぜなら、...

あわせて読みたい

スタディサプリ英語コースの違いを徹底比較|どれがおすすめなの?
スタディサプリで英語を勉強したいけど、スタディサプリの違いがわからない。 こんなお悩みを解決します。 私はスタディサプリを140時間くらい使いました。 スタディサ...

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる