MENU

英語の全否定・部分否定・二重否定|否定の違いを例文で説明

ブログランキング・にほんブログ村へ PVアクセスランキング にほんブログ村

英語の全否定とは、全てを否定することです。

英語の部分否定とは、「全部が~というわけではない」のように、一部を否定することです。

英語の二重否定とは、否定を表す語が2つ重なり、肯定の意味になることです。

英語の全否定・部分否定・二重否定について確認していきましょう。

目次

英語の全否定・部分否定・二重否定

下記の4つの例文を確認していきましょう。

こちらの例文では、いずれも学生たちはテストを受けたかどうか、について記載してあります。

All the students took the test.(学生たちは全員そのテストを受けました。)
None of the students took the test.(学生たちは誰もそのテストを受けませんでした。)
Not all students took the test.(学生たちの全員がそのテストを受けたわけではありません。)
The students did not enter the school without taking the test.(学生たちはそのテストを受けずにその学校には入れませんでした。)

肯定

All the students took the test.(学生たちは全員そのテストを受けました。)

こちらは通常の肯定文です。

学生たちが全員が、そのテストを受けたことになります。

全否定

None of the students took the test.(学生たちは誰もそのテストを受けませんでした。)

こちらは全否定です。

学生たちは、誰一人テストを受けなかったことになります。

部分否定

Not all students took the test.(学生たちの全員がそのテストを受けたわけではありません。)

こちらは部分否定です。

一部の学生たちはテストを受け、一部の学生たちはテストを受けなかったことになります。

二重否定

The students did not enter the school without taking the test.(学生たちはそのテストを受けずにその学校には入れませんでした。)

こちらは二重否定です。

否定を表す語が2つ重なり、肯定を表します。

テストを受けないと学校に入れないという事は、その学校に入った学生たちは、全員がそのテストを受けたことになります。

部分否定を作る語と使い方を例文で説明

「not」の後に、「全部」「完全に」などを表す語が続くと、「全部ではない」「完全にではない」と言うように、一部を否定する意味になります。

一部は否定しつつ、一部は肯定しています。

部分否定を作る語

意味
all全て
every全て
everythingすべての物
everybody(everyone)全ての人
alwaysいつも
necessarily必ず
quiteまったく
altogetherまったく
completely完全に
entirely完全に
exactly正確に

Not all students study seriously.(全ての学生たちが真面目に勉強するわけではありません。)

一部の学生は真面目に勉強し、一部の学生は真面目に勉強しないことを表します。

Not every child is playing in the park.(全ての子供が公園で遊んでいるわけではありません。)

一部の子供は公園で遊び、一部の子供は公園で遊んでいないことを表します。

Not everything was destroyed by the earthquake.(地震で全ての物が壊れたわけではありません。)

一部の物は壊れ、一部の物は壊れていないことを表します。

Not everyone is kind.(誰もが親切なわけではありません。)

一部の人は親切で、一部の人は親切ではないことを表します。

She is not always angry.(彼女はいつも怒っているわけではありません。)

彼女は怒っている時もあり、怒っていない時もある事を表します。

That is not necessarily important.(それは必ずしも重要ではありません。)

それは重要な時もあり、重要でない時もある事を表します。

I’m not quite sure if he will come.(彼が来るかどうかはよくわかりません。)

彼は来るかもしれないし、来ないかもしれないと思っていることを表します。

It is not altogether false.(それはまったく嘘だというわけではありません。)

それは嘘の部分もあり、嘘でない部分もあることを表します。

The building was not completely destroyed.(その建物は完全に壊れたわけではありません。)

その建物は、一部は壊れ、一部は壊れていないことを表します。

I’m not entirely sure.(私は完全にはわかりません。)

私は一部はわかり、一部はわからない状態だという事を表します。

It’s not exactly 3 o’clock.(正確には3時ではありません。)

時間はだいたい3時だが、3時から少しずれていることを表します。

二重否定の意味と使い方を例文で説明

否定を表す語が2つ重なり、肯定の意味になります。

He never eats bread without drinking coffee.(彼はコーヒーを飲まずにパンを食べることは決してない。)

つまり、「彼はパンを食べる時、必ずコーヒーを飲む。」という意味になります。

It’s not uncommon for her to be late.(彼女が遅刻をするのは珍しいことではない。)

つまり、「彼女はよく遅刻をする。」という意味になります。

英語の全否定・部分否定・二重否定|まとめ

いかがでしたでしょうか?

下記のサイトでは、英語を理解するために必要となる英語の文法について、網羅的にまとめていますので参考にしてください。

あわせて読みたい

英語文法まとめサイト|英文法基礎から上級まで23種類を例文で解説
このサイトでは、英語を理解するために必要となる英語の文法について、網羅的にまとめています。 【英語の文法|英語の文章の構成】 英語の文章の構成要素である「文」...

量が多すぎてどこから読んでいいのかわからない、もう少し、基本的なことから勉強したい場合は、まずは、下記のサイトを参照することをお勧めします。

あわせて読みたい

中学英語文法一覧|英文法24種類をわかりやすい例文と一覧表で解説
英語の基礎となる、中学校で習うレベルの英文法を一覧でまとめています。 【中学英語文法一覧|文の要素】 文の要素とは、英文がどのように構成されているかを表したも...

このサイトが、皆さんの英語学習の手助けになれば幸いです。

あわせて読みたい

オンライン英会話ってどこがいいの?私が実際に体験した6社を紹介
オンライン英会話ってどこがいいのか? こんなお悩みを解決します。 残念ながら、「オンライン英会話はここが一番です。」と一言で答えることができません。 なぜなら、...

あわせて読みたい

スタディサプリ英語コースの違いを徹底比較|どれがおすすめなの?
スタディサプリで英語を勉強したいけど、スタディサプリの違いがわからない。 こんなお悩みを解決します。 私はスタディサプリを140時間くらい使いました。 スタディサ...

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる