MENU

「wish」や「as if」を使う仮定法|I wishの後は必ず仮定法です

ブログランキング・にほんブログ村へ PVアクセスランキング にほんブログ村

仮定法とは、事実と異なること、実現不可能だと思うことについて話す時の表現方法です。

本当は違うけど、「~だったらなあ」と思う時に、仮定法を使います。

仮定法で通常「もし仮に~だとすれば」を表す場合、「if」を使うのが一般的です。

でも、「if」以外にも、「wish」や「as if」と一緒に仮定法が用いられることがあります。

「wish」や「as if」を使う仮定法について確認していきましょう。

目次

「wish」や「as if」を使う仮定法

仮定法とは?

現実のことについて話す時に使う表現を「直説法」と言い、実際に起きる可能性がないと考えてることについて話す時に使う表現を「仮定法」と言います。

そして、動詞を過去形に変える事で、仮定法であることを表します。

仮定法は、いつのことを話しているかによって、動詞の時制が変わります。

現在の事について話す場合は動詞の「過去形」を使い、過去の事について話す場合は動詞の「過去完了形」を使います。

仮定法で「もし仮に~だとすれば」という意味を表すには「if」を使います。

If it was sunny, I could play in the park.(もし晴れていたら、公園で遊べるのに。)

このようにif節では動詞の過去形を使い、主節では、助動詞の過去形を使います。

「wish」や「as if」を使う仮定法

「if」以外にも「wish」や「as if」で、現実ではない事柄を表すことができます。

「wish」では、「~であればよかったのに」と、実現できそうもない願望を表します。

「as if」では、「まるで~であるように」と、事実とは異なる状態を表します。

「wish」や「as if」を使っても、現実ではない事柄を表すために、動詞は過去形や過去完了形を使います。

「wish」を使う仮定法(過去形)

実現できそうもない願望は、「wish」を使って表します。

現在の実現できない願望を表す場合、「wish」に続く節の中で、動詞の「過去形」を使います。

I wish I had a little more time.(もう少し時間に余裕があればよいのに。)

現時点で時間に余裕があればよいと思っているので、「wish」の後は動詞の過去形を使います。

I wish she was coming home soon.(彼女がそろそろ帰ってくればよいのに。)

現時点彼女がそろそろ帰ってくればよいと思っているので、「wish」の後は動詞の過去形を使います。

「wish」を使う仮定法(過去完了形)

実現できそうもない願望が、今よりも前に起こったことの場合、「wish」に続く節の中で、動詞の「過去完了形」を使います。

I wish I had noticed it a little earlier.(私がもう少し早く気づいていればよかったのに。)

今よりも前の時点で気づいていなかったことについて、その時点で気づいていればよかったと、過去の行為についての願望を表すので、過去完了形を使います。

I wish I hadn’t bought such an expensive car at that time.(あの時こんなに高い車を買わなければよかったのに。)

今よりも前の時点で高い車を買ってしまい、あの時そんなに高い車を買わなければよかったと、過去の行為に関する願望を表すので、過去完了形を使います。

  • 現時点でのことに関する願望→過去形
  • 現時点よりも前ことに関する願望→過去完了形

wishに続く節の中では必ず仮定法となります。
動詞は過去形か過去完了形となり、現在形を使うことはありません。

「as if」を使う仮定法(過去形)

事実とは異なる状態は、「as if」を使って表します。

現在の事実とは違っている状態について表す場合、「as if」の後の動詞は過去形になります。

She speaks as if she knew everything.(彼女は全てを知っているかのように話します。)

現在、彼女は全てを知っているわけではないのに、まるで全てを知っているかのような態度を表します。

現在の彼女の様子について語っているので、「as if」の後の動詞は過去形になります。

He is quiet as if he were sleeping.(彼は寝ているかのように静かです。)

現在、彼は寝ているわけではないいのに、まるで寝ているように見える状態を表します。

現在の彼の様子について語っているので、「as if」の後の動詞は過去形になります。

「as if」を使う仮定法(過去完了形)

過去の事実とは違っている状態について表す場合、「as if」の後の動詞は過去完了形になります。

He behaves as if he hadn’t done anything wrong.(彼は、何も悪いことをしていなかったかのように振る舞います。)

話し手は、彼が過去に何か悪いことをしたことを知っており、彼がその事実に異なる態度なので、「as if」の後の動詞は過去完了形を使います。

She is delighted as if she had won the match.(彼女は、自分が試合で優勝したかのように喜んでいます。)

話し手は、彼女が過去に試合で優勝していないことを知っており、彼女がその事実に異なる態度なので、「as if」の後の動詞は過去完了形を使います。

「wish」や「as if」を使う仮定法|まとめ

いかがでしたでしょうか?

下記のサイトでは、英語を理解するために必要となる英語の文法について、網羅的にまとめていますので参考にしてください。

あわせて読みたい

英語文法まとめサイト|英文法基礎から上級まで23種類を例文で解説
このサイトでは、英語を理解するために必要となる英語の文法について、網羅的にまとめています。 【英語の文法|英語の文章の構成】 英語の文章の構成要素である「文」...

量が多すぎてどこから読んでいいのかわからない、もう少し、基本的なことから勉強したい場合は、まずは、下記のサイトを参照することをお勧めします。

あわせて読みたい

中学英語文法一覧|英文法24種類をわかりやすい例文と一覧表で解説
英語の基礎となる、中学校で習うレベルの英文法を一覧でまとめています。 【中学英語文法一覧|文の要素】 文の要素とは、英文がどのように構成されているかを表したも...

このサイトが、皆さんの英語学習の手助けになれば幸いです。

あわせて読みたい

オンライン英会話ってどこがいいの?私が実際に体験した6社を紹介
オンライン英会話ってどこがいいのか? こんなお悩みを解決します。 残念ながら、「オンライン英会話はここが一番です。」と一言で答えることができません。 なぜなら、...

あわせて読みたい

スタディサプリ英語コースの違いを徹底比較|どれがおすすめなの?
スタディサプリで英語を勉強したいけど、スタディサプリの違いがわからない。 こんなお悩みを解決します。 私はスタディサプリを140時間くらい使いました。 スタディサ...

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる